市場補足

取引規則


市場取引は、一つの貨物に対して注文を出しその場で取引するのではなく、プレイヤーが注文書を出し、注文書は取引システムによって管理されます。取引システムのデータは定期的に更新され買取の場合は買取価格(高)→買取価格(低)、販売の場合は販売価格(低)→販売価格(高)の順にシステムにより自動的に取引されます。
※注意:高い価格で買取するプレイヤーと安い価格で販売するプレイヤーが常に優先されます。

例:4名のプレイヤーが買取注文を出し木材の買取価格が30G、20G、10G、5G

4名のプレイヤーが販売注文を出し木材の販売価格が40G、28G、19G、8G>

①最初に、買取価格30Gのプレイヤーに8Gの材料を配送します。8Gの材料が足りない場合、19Gの材料で補います。(販売価格30G以上の貨物を配送することはありません。)

②次は買取価格20G、10Gのプレイヤーに配送します。この時、販売価格8Gの材料がすべて取引された場合は取引不成立となり、材料は配送されません。

※注意:注文データはそのまま保存され次回の更新時に再び取引されます。

取引システム


  • 買取価格が高い、または販売価格が安いプレイヤーが常に優先されるシステムです。
  • 同じ価格の場合、先着順で優先度が決まります。
  • 販売注文の貨物が100件で買取注文の貨物が50件の場合、50件が先に取引され、残りの50件は次回の買取注文があった場合に再度取引されます。
  • 販売注文と買取注文の量が10以下の場合は取引されません。
  • 買取注文を出した場合、残りの資産は5万G以上である必要があります。
注意:取引された原料の合計が工場倉庫容量より大きい場合、超過した部分の原料は工場倉庫に保存できないため、システムによって削除されます。

取引時間


  • 15分毎にシステムによって売買のマッチングが行われます。
  • 毎日0:00~9:00は取引中止となります。


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2011-02-04 18:51:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード